上戸彩さんのCMでおなじみ「引越しは日通」

「看板娘への恋」編
かなり評判が良いようです。

日通の単身、長距離の子供の引越しで工夫した事

子供が独立して単身引っ越す事になりました。まず最初は家具選びから始めました。
長距離なので二泊しか手伝えず、引越しの当日に家具を配置したいという希望がありました。
図面に合わせて家具のサイズを縮小させた型紙を作って、図面の上で家具の配置を決めました。
配置に無理がない事を確認して購入。
引越し業者(日通)さんには午後に荷物を運び入れてもらうよう手配して、家具は午前に集中して配送してもらいました。
念のため、新聞紙を家具の大きさに切り張りして持って行って最終チェックもしました。
ネットで部屋の画像を見ていても実際に部屋に中に立つと家具の配置に迷いが出るからです。
単身なので引越し荷物に体温計や薬類をいれたボックスや裁縫道具、
ドライバーやペンチくらいの簡単な用具を入れたボックスも揃えました。
コンセントに常時付けておいて夜は常夜灯になり、非常時にはコンセントから外して懐中電灯になるという
便利な電灯があるので災害用に一つ用意すると安心です。
当日は引越し先の地域のごみ袋をあらかじめ用意しておいて、荷解きで出たゴミをその場で分別しました。
集合住宅なので最初から肩身の狭い思いをしないで済むよう、気使いをして送り出してあげると良いと思います。